アサイーの果実は生で食べられるのか?

健康に良いスーパーフードとして有名なアサイー。日本でもアサイーボウルやアサイースムージーなどで親しまれていますが、それがどんな植物なのかはよく知られていません。
スーパーマーケットなどでも冷凍されたアサイーのピューレや粉末状に加工された商品は売られていますが、生のアサイーの実を見たことがある人はほとんどいないはずです。
では、アサイーの実はそのまま(生)で食べることができないのかというと、そんなことはありません。
生のアサイーの実が売られていないのはなぜなのか? そもそもアサイーとはどんな植物なのか? といった、意外と知られていないアサイーの秘密を紹介します。

アサイーは生で食べられる

アサイーの果実

アサイーは生で食べることができます。原産地であるブラジルでは、採れたてのアサイー果実をすり潰して、ファリーニャというキャッサバ芋のフレークを混ぜるなどしてスープのような感覚で飲んでいるそうです。日本では砂糖やハチミツを混ぜてデザート感覚で食べる場合がほとんどなので、甘みのないアサイーというのはなかなかイメージしづらいかもしれませんね。
日本では冷凍ピューレや乾燥粉末といった加工品しか売られていないので、元々どんな植物で、どんな風に食べられているのか、といったことは意外と知られていません。

そもそもアサイーとは

アサイーはブラジル・アマゾン川地方に生息するヤシ科の植物。果実の見た目がブルーベリーに似ており、アサイーベリーやアサイベリーなどとも呼ばれていますが、ベリー類の近縁種ではありません。実は味がほとんどなく、ブルーベリーのような甘味や酸味もありません。ポリフェノール特有のほのかな渋みが特徴で、風味としてはココアに近いと言われています。
果実の95%以上を硬い種が占めており、可食部は表面のわずか5%ほど。栄養価が非常に高く、ブルーベリーの18倍ものポリフェノールをはじめ、食物繊維、カルシウム、マグネシウム、鉄分、アミノ酸などを豊富に含んでいます。抗酸化作用の高い成分を多く含んでいることから、アンチエイジングや疲労回復など、さまざまな健康・美容効果が期待される食材です。

なぜ生のアサイーが売っていないのか

国外への種の持ち出しが禁止されている

アサイーの果実はとても傷みやすいため、収穫したらその日のうちに加工しないと食べられなくなってしまいます。以前はブラジル国外への輸出は困難とされていましたが、加工技術が発達したことで、冷凍ピューレや乾燥粉末が日本でも手に入るようになりました。
では、なぜ果実をそのまま冷凍したものは売られていないのかというと、実はアサイーの種はブラジル政府によって国外への持ち出しが禁止されているのです。そのため、すり潰して種を取り除いた状態でしか国外で流通させることができません。生のままのアサイーを味わってみたい! という方は、原産地であるブラジルまで行くしかないのが現状です。

加工コストと輸送コストがネック

アサイーはすり潰して種を取り除くのに手間がかかるため、実は地元ブラジルで食べてもそれほど安くはありません。しかも、アサイーの95%以上は硬い種で、食べられるのはわずか5%程度。そのまま輸送するのでは輸送コストもかさんでしまいます。そのため、仮に種の持ち出しが禁止されていなかったとしても、日本で流通するのは加工されたピューレや果汁、乾燥粉末、という状況は変わらないのかもしれません。
それに、アサイーの果実に凝縮された豊富な栄養は、強い日差しとスコールが降り注ぐアマゾンの激しい気候によって育まれたもの。違う環境で栽培したとしても、今と同じ価値を持つアサイーが収穫できるとはかぎりません。結局のところ、「アマゾンの奇跡」と称されるアサイーは、今の形で食べるのが最適なのかもしれませんね。

アサイベリーの濃縮度が最高クラス8倍!おすすめサプリメント2選
アサイベリーアイ
60粒
アサイベリーアイ販売サイト画像キャプチャ
引用元:はつらつ堂公式サイト https://www.hatsuratsudo.co.jp/user_data/acaiberryeye_pack

割引き価格:970円(76%OFF)
一粒当たり約16.1円
1粒重量:520mg(1粒内容量:330mg)

アイベリーピュアEX
30粒
アイベリーピュアEX販売サイト画像キャプチャ
引用元:アイベリーピュアEX販売サイト https://item.rakuten.co.jp/wakanyaku/19900-1/

割引き価格:1026円(50%off)
一粒当たり約34.2円
1粒重量:510mg(1粒内容量:330mg)

※価格は2020年2月末時点のものです。(いずれも税込み価格)
※上記の割引価格は2商品とも初回購入時の価格です。詳細については販売サイトをご確認ください。