「アサイー」と「アサイベリー(アサイーベリー)」の違いとは?

アサイー、アサイベリー、アサイーベリー……どれもよく目にする言葉ですが、何か違いはあるのでしょうか?
「身体に良いフルーツ」「セレブに人気のスーパーフード」などと親しまれているアサイーですが、それがどんな植物なのかはよく知らない……という方も多いようです。そこで、その名称や形態、食べ方などについて詳しくまとめてみました。

アサイーとアサイベリーは同じ植物

アサイーの果実

アサイーはアサイベリー、アサイーベリーなどと表記されることもありますが、全て同じ植物を指します。
アサイベリーという呼び方には「ベリー」という言葉がついているため、ブルーベリーなどのフルーツを連想する方も多いと思いますが、実はそれらの近縁種ではありません。語源などに関する正確な情報は見つけられませんでしたが、おそらく紫色の小粒な果実の見た目がブルーベリーに似ていることから、このように呼ばれるようになったのではないでしょうか。

そもそもアサイー(アサイベリー)とは?

ブラジル原産のヤシ科の木の実

アサイーの木

アサイーは和名ではニボンモドキ、またはワカバキャベツモヤシといい、ブラジル原産のヤシ科の植物。
丸く小さい実は濃い紫色で、見た目はブルーベリーによく似ています。味はチョコレートやココアを思わせる風味とほのかな渋みがあり、甘みや酸味はほとんどありません。
近年、海外のセレブの間で流行し、日本でもアサイーボウルなどの形で食べられるようになりました。アサイーと聞くとバナナやヨーグルトのような味をイメージする人もいるかもしれませんが、恐らくアサイーボウルの味をイメージしているのではないでしょうか。

豊富な栄養素を含むスーパーフード

アサイーは強い日差しと激しいスケールの降り注ぐ過酷な環境でたくましく育つ、生命力に溢れた植物です。そのため、小さな果実のわずかな可食部にはポリフェノールやミネラル、ビタミン、不飽和脂肪酸などが豊富に含まれており、「スーパーフード」「奇跡のフルーツ」とも称されています。中でも特筆すべきは、ポリフェノールの一種であるアントシアニンの含有量。アントシアニンは目に良い成分として有名ですが、なんとアサイーはブルーベリーの5倍もの含有量を誇ります。
アサイーについては世界中の研究機関や企業が数多くの研究結果を発表していますが、美容・健康に関するさまざまな効果が期待されており、サプリメント製品もたくさん発売されています。

流通困難で希少な植物

アサイーは生態系保護のために種の輸出が禁止されています。しかも、果実は傷みやすく、収穫してから24時間以内に加工しないと味が落ちてしまうそうです。日本で生のアサイーを目にする機会がないのは、こういった流通上の事情のため。現地では地元民の貴重な栄養源として古くから親しまれていましたが、外国に持ち出すことは難しい植物なのです。
種を持ち出すことができないため海外で栽培することもできず、私たちが手にすることができるのは現地で加工された冷凍ピューレや粉末のみ。しぼりたてのアサイーを食べてみたいという方は、原産国であるブルジルにいって、現地の空気とともに味わってみてはいかがでしょうか。

アサイー・アサイベリーの摂取方法

1アサイーボウル
アサイーボウル

アサイーの食べ方といえば、やはり一番有名なのはアサイーボウルですね。たくさんのフルーツとともに盛り付けられたアサイーボウルは見た目もおしゃれで、若い女性にも大人気です。
作り方は、アサイーの冷凍ピューレをバナナやヨーグルト、牛乳、豆乳、ハチミツなどと一緒にミキサーにかけ、フルーツやグラノーラなどを盛り付けて完成。アサイー自体にはそれほどはっきりした味がないので、甘味・酸味を加えて食べるアサイーボウルはとても相性の良い食べ方だと言えます。

2スムージー

アサイーの冷凍ピューレをフルーツや野菜、牛乳、豆乳などと一緒にミキサーにかければ完成。好みに合わせてハチミツなどを加えてもおいしくいただけます。基本的な作り方はアサイーボウルと同じですね。
混ぜるだけで簡単に作れる商品も発売されているので、いろいろ試して好みの味を探してみるのも楽しそうです。

3アサイーティー
アサイーティー

ココアのような風味やほのかな渋みが特徴のアサイーは、実はお茶との相性も良い食材。アサイー入りのハーブティーも売られていますし、アサイーのドライパウダーを紅茶に混ぜて飲むのもおすすめです。甘味を足したり牛乳を入れたり、飲み方を工夫してアレンジしてみると楽しみ方が広がりそうですね。

4サプリメント
アサイーサプリメント

アサイーはさまざまな健康成分が含まれているスーパーフード。そのため、アサイーを原料にしたサプリメントも数多く発売されています。
アサイーの栄養素をギュッと凝縮したサプリメントを飲むことで、その栄養素を効率的に摂取することが可能。時間のない方や手間をかけたくない方にはぴったりの摂取方法と言えます。
毎日アサイーを食べようとすると、それなりにお金もかかってしまうので、健康のためにアサイーの成分を摂りたいという方にはおすすめです。

アサイベリーの濃縮度が最高クラス8倍!おすすめサプリメント2選
アサイベリーアイ
60粒
アサイベリーアイ販売サイト画像キャプチャ
引用元:はつらつ堂公式サイト https://www.hatsuratsudo.co.jp/user_data/acaiberryeye_pack

割引き価格:970円(76%OFF)
一粒当たり約16.1円
1粒重量:520mg(1粒内容量:330mg)

アイベリーピュアEX
30粒
アイベリーピュアEX販売サイト画像キャプチャ
引用元:アイベリーピュアEX販売サイト https://item.rakuten.co.jp/wakanyaku/19900-1/

割引き価格:1026円(50%off)
一粒当たり約34.2円
1粒重量:510mg(1粒内容量:330mg)

※価格は2020年2月末時点のものです。(いずれも税込み価格)
※上記の割引価格は2商品とも初回購入時の価格です。詳細については販売サイトをご確認ください。